インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

急患でも診療を受けることが必要です。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。注意してください。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。検査には問題ないのです。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

参考サイト